NFL ダラス・カウボーイズ vs フィラデルフィア・イーグルス Week17

こんちは!

レギュラーシーズン最終週!

カウボーイズ対イーグルスの試合!

両チーム勝ち負けが次に繋がらない消化試合です。

試合結果

結果はこんな感じ。

カウボーイズは相当メンツ落としてましたね。

メンツ落としてた消化試合だけど、

この試合が注目されたのは

#9トニー・ロモが今シーズン初出場だったからです!

事情を知らない方もいるかと思いますので、

カウボーイズのスーパースターが先発落ちした経緯を。

ロモの先発落ち

今シーズン開幕当初、

ロモはプレシーズンゲームで背骨を折る重傷を負ってしまったため、

シーズン開幕戦から新人QBの#4ダク・プレスコットが先発していました。

プレスコットは走れて投げれて相当いい選手で、

チームもプレスコットを起用することで勝ちを重ねました。

結果、プレスコットが先発QBの座に着き、

ロモは先発落ちしてしまったのです。

長年カウボーイズを支えてきたロモの先発落ちは大きなニュースになり、

記者会見まで開かれるほど話題になりました。

この記者会見でのロモの男気はとても感動的でした。

これには全米が涙したとかしないとか。

英語だとよくわからないので

NFL Japan様の記事を貼らせていただきます。

 

ダラス・カウボーイズのクオーターバック(QB)トニー・ロモが地元ダラスのメディアを前に、自らに代わってカウボーイズを8勝1敗に導いた新人QBダック・プレスコットの活躍やチームへの思い、今の正直な心境な...

レギュラーシーズン最終戦

そんなこんながあってレギュラーシーズン最終戦に出場したわけであります。

1シリーズしかオフェンスを率いませんでしたが、

結果は、見事タッチダウン!!!

これには全米が泣いた!!!

ぼくも泣いた!!!

スーパースターが控えQBになっても、

しっかり準備できていて、結果を残す。

これってすごいことですよね!

例えば、普通の高校生の場合、

学校のエースだったのに怪我してベンチウォーマーになっちゃったら、

グレて、

タバコを吸いだして、

長髪にして、

バスケットボールに唾とか吐きかけちゃったりして、

鉄男とかいうマッチョのヤバいやつと体育館を襲っちゃったりしますよね。

それで最終的にバスケがしたいですなんて言っちゃったりして。

月並みな言葉になるけど

やっぱり

「真摯に物事をやり続ける」

って大事なんだなと、

ロモのドライブを見て気づきました。

ぼくも仕事で怒られてもむすっとしないで

ちゃんと次の仕事に対して真摯に取り組もうと

心に固く誓ったとか誓わなかったとか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告