NFL ワイルドカード パッカーズ vs ジャイアンツ

こんにちは!

ついにNFLポストシーズンが始まりました。

グリーンベイ・パッカーズ対ニューヨーク・ジャイアンツの試合。

気温が氷点下11度の中、ジャイアンツの選手は裸でウォーミングアップしたみたいです。

アウェイ球場でも関係ないぜってアピールでしょうか。w

現地8日(日)、ワイルドカード最後の1試合となるニューヨーク・ジャイアンツとグリーンベイ・パッカーズの一戦が行われるランボー・フィールドは気温マイナス11度。 凍てつく寒さの中、パッカーズの本拠...

<参考> 冬のランボーフィールド(パッカーズの本拠地)

「Lambeau Field snow」の画像検索結果

結果

パッカーズ圧勝!

(裸でウォーミングアップしたのにw)

これでWeek12から7連勝です。

ロジャースの調子が上がるのに比例してチームは勝ち続けいています。

画像検索結果

この日もロジャースのパスが冴え渡ってました。

パス25/40、

362パッシングヤード、

4タッチダウン!

受けるレシーバー陣も大活躍で、

ダバンテ・アダムス

「adams packers」の画像検索結果

8レシーブ、

125ヤード、

1タッチダウン

ランドール・コブ

「cobb packers」の画像検索結果

5レシーブ、

116ヤード、

3タッチダウン

2人も100ヤード越えで、

コブの3タッチダウンレシーブは圧巻です。

オフェンスラインの活躍

パッカーズ好調のパスオフェンス、

もちろん、QBロジャースはすごい!

WRもアダムスとかコブとかいい選手が揃ってる!

でも何より、オフェンスラインが強いことが前提ですね!

2Qにロジャースからコブへ、

42ヤードのヘイルメイリーパスを決めたのは、

コブのミラクルキャッチはもちろんすごいけど、

この時、ロジャースに一ミリもプレッシャーかかってないんですよね。

右タックルの#75ブライアン・バルガは、

「5〜6秒パスプロテクションを持たせて、

ロジャースの投げる時間を稼ごう」

と考えてたそうです。

(実際6秒くらい持ってる)

また、

「1年に2回もヘイルメイリーパスが成功するなんてアンビリーバボー!」

って言ってます。(なんかかわいいw)

QBロジャースはプレッシャーから逃げるのが上手くて、

いつでも落ち着いて正確な判断ができるところが長所ですが、

それを支えているのはパッカーズのオフェンスラインに他なりません。

パッカーズのオフェンスラインコーチ、ジェームス・キャンペンは

「絶対に最後またでプレーをやめないこと」

「プロテクションし続けること」

を教えているそうです。

今年のプロボウルにも

ガードの#70T.J.ラングが選ばれているし、

パッカーズのオフェンスラインから目を離せませんね!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告