NFL ワイルドカード シーホークス vs ライオンズ

こんにちは!!

ワイルドカード・プレーオフ

シアトル・シーホークス対デトロイト・ライオンズの試合!

結果

シーホークス快勝!

ポゼッションも

ライオンズ23分:シーホークス36分

と圧倒的です。

ちなみにこの日のQBラッセル・ウィルソンのパス成功率(23/30)は、

プレーオフにおける自身の最高記録らしいです。

トーマス・ロールズ

ランニングバック#34トーマス・ロールズ

大活躍でした!

27回、162ラッシングヤード!!

まじで最初は去年引退した”ビースト”こと、マショーン・リンチがプレーしてるかと思いました!

プレースタイルというか、

力強い走り方がそっくりです。

番号も#34と#24なので見間違えました。

プレーオフを戦っていく上で、

ランとパスのバランスよく攻撃できるのはまじで重要です。

ラン、パスどっちかだけだと、いつかは止められちゃうので。

ロールズが見事にリンチのリプレイスメントになれたようです!

パスオフェンス

この日は#89ダグ・ボールディンと

#10ポール・リチャードソン

の2人が良かったです!

ボールディンは他のレシーバーに投げられた球を奪い取ってタッチダウンしていましたw

これには現地の解説も爆笑でしたが、

ぼくが選ぶこの試合の「ザ・キャッチ」は

リチャードソンのこの変態キャッチ!

なにこの片手キャッチw

やばすぎる。

リチャードソンはこれ以外にもあと2回、

試合中にとんでもない片手キャッチしてます。

2014年にドラフトされた、まだ三年目の若きレシーバー、リチャードソン。

全体45位で指名され、これはチーム史上3番目に高い順位で獲得したレシーバーらしいです。

期待大ですね。

近い将来、片手キャッチで鳴らしてるジャイアンツのOBJみたいになれるかもしれませんね!

次節

次節ディビジョナルプレーオフでは、

アトランタに乗り込みファルコンズとの試合です。

現地のメディアは、シーホークスの守護神、

セーフティの#29アール・トーマスがいない穴を如何に埋めれるかに注目しています。

ぼく個人的には、

フリオ・ジョーンズ

vs

リチャード・シャーマンの

スターレシーバーvsスターコーナーバックの戦いが楽しみです。

(なんかスターバックスに見える不思議)

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告