サンディエゴ・チャージャーズ、本拠地の移転

こんにちは!

本日はNFLから衝撃のニュース!

サンディエゴ・チャージャーズが、本拠地をロサンジェルスへ移転します!

チャージャーズは1961年から56年間のサンディエゴでの歴史に幕を下ろしました。

早速、ツイッター上もロサンジェルス・チャージャーズに変えています。

仕事が早いというか、節操ないというか。w

(新しいロゴはまだNFLから承認されていないとかw)

移転の背景

移転に至った理由はいくつかあります。

最大の理由は新スタジアム問題です。

というのも、チャージャーズの本拠地クアルコム・スタジアムは老朽化が進んでおり、

2003年頃からスタジアムを新しくしようという話は出ていました。

「クアルコムスタジアム」の画像検索結果

スーパーボウルを招致できるスタジアムが欲しかったという理由もあるそうです。

そこで新スタジアム建設のための予算をサンディエゴから得るために市民投票が行われたのですが、

反対57%で新スタジアム建設が否決されてしまいました。w

それならばと、球団オーナーのスパノスはL.A.移転を決めたのです。

「alex spanos」の画像検索結果

もう一つの理由は、L.A.ブランドがもたらす経済効果です。

L.A.はカリフォルニア州が誇る最大の都市ですから、

同じカルフォルニア州のサンディエゴよりも経済効果は得られると思います。

ラムズはセントルイスからL.A.に移転してチームの価値が29億ドルに上がったらしいです。

チャージャーズも移転することで少なくとも20億ドルの価値になると言われています。

移転後について

移転後のスタジアムは現在建設中で、2年後の2019年に完成予定です。

L.A.のイングルウッドという場所に建設しており、ラムズと共用のスタジアムになります。

新スタジアムが完成するまでの2年間は、

LA ギャラクシーというサッカーチームのスタジアムを本拠地として使用します。

「la galaxy stubhub」の画像検索結果

スタブハブ・センターというスタジアムです。

ただし、このスタブハブ・センターはキャパが小さく、2万7千人しか入りません。

(ちなみに横浜スタジアムでも3万人入ります)

一方で、昨年L.A.に移転したラムズはUSC大学の本拠地である、

ロサンジェルス・メモリアル・コロシアムを使用しています。

(収容人数9万人)

「los angeles memorial coliseum」の画像検索結果

えらい差ですね。w

ラムズの方が人気出ちゃいそう。。

チャージャーズは来シーズン、本拠地だけでなくヘッドコーチも代わり、チームが一新されます。

「anthony lynn chargers」の画像検索結果

(元ビルズのオフェンスコーディネーター、アンソニー・リン)

サンディエゴ・チャージャーズは今シーズン5勝11敗(AFC西地区最下位)に終わりましたが、

ロサンジェルス・チャージャーズは生まれ変わることができるのでしょうか!?

乞うご期待!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告