NFL ディビジョナル・プレーオフ ファルコンズ vs シーホークス

どうも!

ついにディビジョナル・プレーオフが始まりましたね!!

勝てばカンファレンス・チャンピオンシップに進み、

それにも勝てればスーパーボウルです!

さて、ファルコンズ対シーホークスの試合はどうなったのか!?

結果

ファルコンズの勝利!

ファルコンズのWRジュリオ・ジョーンズ

vs

シーホークスのDBリチャード・シャーマン

のNFLトップクラスの空中戦が注目された試合でしたが、

ジョーンズの

6キャッチ

67レシービングヤード

1タッチダウン

でややジョーンズの勝ちかなといった感じです。

ただ、ジョーンズは4Qに足を負傷してしまいました。

ファルコンズのケインHCは

問題ないとのことですが、心配ですね!

デヴィン・ヘスター

シーホークスのリターナー#17デヴィン・ヘスター

「devin hester seahawks」の画像検索結果

NFL史上最高のリターナーだとぼくは思ってます。

この日はキックリターンで、

最長78ヤードリターンを含む、合計194ヤードリターン!

78ヤードリターン後のシリーズでは得点を挙げており、ばっちり貢献できていますし、

ホールディングで記録には残りませんでしたが、

パントリターンで80ヤードを爆走するなど、

へスターが試合の流れを引き寄せていたと思います。

さて、史上最高のリターナーのヘスターですが

試合終了後のインタビューにて、今シーズン限りで引退すると話しています。

今シーズンのへスターはイマイチぱっとしない記録でした。

今シーズン当初はレイブンズでプレーしていたのですが、

レシーバーでの出場は無く、

リターンだけでシーズン5回のファンブル。

タッチダウンもなく目立った活躍はできませんでした。

シーズン終了後レイブンズを解雇され、

この試合のおよそ2週間前に急遽シーホークスと契約したのです。

それでもプレーオフでこれだけ走れたらまだまだ勿体無い気もしますが、

彼も34歳になり、体力の衰えを感じているのかもしれません。

へスターのキャリア記録

パントリターン

3625ヤード

現役選手の中で1位

歴代3位

タッチダウン14回

現役選手の中で1位

歴代1位

キックリターン

7333ヤード

現役選手の中で2位

歴代11位

その他

全スペシャルチームタッチダウン20回

(パント14回、キック5回、フィールドゴール1回)

歴代1位

スーパーボウルのオープニングキックオフでリターンタッチダウンを記録した選手は

長い歴史の中でへスターのただ1人です。(しかもルーキーシーズンでした)

顔はめちゃ怖いけど、毎試合に聖書を持ってくるほど敬虔なクリスチャンでとてもいい人です。

すごい好きな選手だったのでいよいよ引退となると残念です。。

本当にお疲れさまでした。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告