カンファレンス・チャンピオンシップ ファルコンズ vs パッカーズ

こんにちは!

本日はNFCカンファレンス・チャンピオンシップ!

ファルコンズvsパッカーズの試合が早朝からありました!!!

全く仕事どころじゃありません!w

結果

なんてこったー!パンナコッター!

ファルコンズ強すぎる!

前半終了時点で

ファルコンズ 24  –  0 パッカーズ

っていう圧倒っぷり。

まさかこんなに強いとは。

圧巻は3rd成功率が76.9%!!

高すぎ!w

生涯ベストゲーム

兎にも角にもQB#2マット・ライアンがキレッキレ!

エースレシーバーのジュリオ・ジョーンズにこだわることなく、

8人のレシーバーに投げ分けました。

後述しますが、これがこの試合のキーポイントだったと思います。

記録としては

・パス成功率 71%(27/38)

・392パッシングヤード

・4タッチダウン

・被インターセプト 0

・パサーレイティング 139.4

おまけに走っては

3回、21ヤード、1タッチダウン!

被QBサックもありませんでした。

マット・ライアンのプロ生涯でNo. 1の完璧な試合だったんじゃないかなって思います。

ジュリオ・ジョーンズの大爆発

爆発です!

芸術とジュリオ・ジョーンズは爆発です!

マット・ライアンが8人のレシーバーに投げ分け的を絞らせなかったことによって、

いつもはディフェンスにダブルカバーされるジョーンズが、

この試合はシングルカバーされることが多くなりました。

前半はたぶんダブルカバーされてたと思うんですが、

ジョーンズがダブルカバーされてる分、

モハメッド・サヌーがオープンになりパスが集まりました。

そしたらパッカーズディフェンスはジョーンズへのダブルカバーをやめてしまい、

後半はジョーンズ祭りでした。

前のシーホークス戦では、

NFLを代表するコーナーバック、リチャード・シャーマンでも

今の絶好調のジョーンズをシングルカバーでは抑えきれませんでした。

いわんや、パッカーズのDBには厳しいマッチアップだったかもしれません。w

久々のスーパーボウル

ファルコンズの新スタジアムについてとか書きたいことはもっとありますが、

今日はここまでにしときます。w

ひとまずファルコンズ、スーパーボウル出場おめでとう!!!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告