カンファレンス・チャンピオンシップ ペイトリオッツ vs スティーラーズ

こんにちは!

本日はAFCカンファレンス・チャンピオンシップ!

ペイトリオッツvsスティーラーズ!

なんとも見所の多い試合となりました!

結果

ペイトリオッツは、2年ぶりのスーパーボウル出場です!

加えて、QB#12トム・ブレイディが2001年にペイトリオッツに入団してから

(何度見てもNFL選手になるような人には見えないw)

16年間で6回スーパーボウル出場!

そのうちチャンピオンになったのは4回!

勝ちすぎ!w

HCビル・ベリチックのチーム作りが完璧すぎるんでしょうね。

実は今年のペイトリオッツって選手層が薄いというか、

スター選手が少ないんですよね。

プロボウルに選ばれてるのは2人、

オールプロに選ばれてる人はいません。

2007年にスーパーボウルに出場した時は、

プロボウルに8人、オールプロに5人も選ばれてます。

もはやスター選手がいなくても勝てるまでにチーム作りが完成してしまったのでしょうか!?

ベリチックがいなくなるまでペイトリオッツはずっと強いんじゃないかと思っちゃいます。

クリス・ホーガン

スター選手が少ないペイトリオッツで、

この日一気に知名度を上げたのはこの人、WR#15クリス・ホーガン

誰?って感じですよね。w

そんな無名選手がこの試合では

・9レシーブ

・180レシービングヤード

・2タッチダウン

の大活躍!

180ヤードはペイトリオッツのプレーオフ記録です。

そんなホーガンですが、

大学1〜3年生の時、

アメフトではなくラクロスをしていました。

「chris hogan lacrosse」の画像検索結果

大学4年生で少しアメフトをやっただけでNFL に挑戦した珍しい選手です。

当然、ドラフトでピックされず、パッカーズにフリーエージェントで拾われますが、2ヶ月で解雇。

その1週間後、ジャイアンツに拾われ練習生で登録されますが、わずか10日で解雇。w

その一ヶ月後、ドルフィンズにまたもや練習生として拾われますが、一年後に解雇。

そして2012年11月、

最終的に行き着いたのはビルズでした。

「chris hogan bills」の画像検索結果

最初は練習生だったものの、1ヶ月でロースターに昇格。

3年間ビルズでひっそりとプレーしてきました。

そして今シーズンが始まる前、

ビルズとの契約が切れ、フリーエージェントになっていたホーガンをペイトリオッツが獲得しました。

契約後は、こんなに冴えないキャリアのホーガンも前述の通り大活躍!!

この試合だけでなく、レギュラーシーズン中も#11エデルマンのセカンドターゲットとして

十分機能しました。

というわけで、すごいシンデレラストーリーです。

ペイトリオッツの人を育てる力は類を見ません。

チームとしての成熟度は完全にファルコンズより上ですね。

スーパーボウルでは誰がヒーローになるか楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告