カイル・バンノイの復活劇!

こんにちは!

いよいよスーパーボウルまであと3日を切りました。

本日はスーパーボウルに出場するペイトリオッツから、

LB#53カイル・バンノイについて書きたいと思います。

今シーズンは

53タックル、

1インターセプト、

1サック

と活躍しましたが、昨シーズンまでは何ともパッとしない選手でした。

バンノイに何があったのでしょうか。

ライオンズでの2年間

もともとバンノイは

2014年ライオンズにドラフト2巡目で指名され、NFLの世界に足を踏み入れました。

期待されて入団したのですが、

ルーキーイヤーは怪我のため一年を棒にふるいました。

怪我が治った2年目はアウトサイドからのパスラッシャーとして起用されますが、

ミスが多く、ラッシュも微妙で、

ドラフト高順位で期待されて入団したのに、これにはコーチもファンもがっかりでした。

そして翌年の2016年10月というシーズン途中に、

バンノイはライオンズを放出されてしまいました。

ペイトリオッツ再生工場

同年、絶望に打ちのめされフリージェントとなっていたバンノイをペイトリオッツが契約しました。

すると、あら不思議。

ランストップにパスカバーに大活躍しました。

一体なぜか。

それには二つの理由があると考えられます。

1.起用場所の違い

ライオンズでバンノイに与えられた役割はパスラッシャーでしたが、

ペイトリオッツでは持ち前のスピードとフィジカルから、ニッケルバック(5人目のDB)を任されました。

バンノイのスピードやパワーはパスラッシュよりも、フィールドを広く走り回り奮闘する方が向いていたのです。

もちろん、ブリッツなどでパスラッシュかけることもできますが、

LBの位置からランニングバックのチェックダウンルートを始めとしたパスカバーや、

単純なランストップに適性がありました。

それを見抜いたHCビル・ベルチックはさすがです。

2.プレッシャーからの解放

バンノイはドラフト2巡目という高順位で指名されだ挙句、

1年間プレーできなかったことで、

2年目は満を辞しての登場で、

ハードルは上がり切ってるし、プレッシャーはあったと思います。

それが解雇されペイトリオッツに拾われたことで、

失うものがなくなって吹っ切れたと思います。

ファンやローカルのメディアにバッシングされることもなくなり、

精神的な苦痛もなくなったはずです。

心境の変化というのがバンノイ再生の2つ目の理由です。

ほんとにペイトリオッツは選手の見る目があって、適材適所に人を配置しています。

ペイトリオッツがフリーエージェントで獲得した選手が

どれだけ活躍しているかっていうデータもあったので、

折を見てご紹介したいなって思います。

バンノイにはスーパーボウルでも活躍して、ライオンズに見せつけてやって欲しいですね!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告