NFL スカウティング・コンバイン

こんにちは!

ついに現地時間の明日、2月28日〜3月6日までNFL スカウティング・コンバインが始まります!

未来のスタープレーヤーが明日からテストを受けるわけですねー!

楽しみですが、コンバインについてあまり知らなかったので調べてみました。

スカウティング・コンバインって何?

そもそもスカウティング・コンバインってなんでしょ?

スカウティング・コンバインを一言で言うと、NFL入団のためのテストです。

いろんなテストをします。

・40ヤードダッシュ

・ベンチプレス(約102kg)

・垂直跳び

・立ち幅跳び

・20ヤードシャトル

・3コーンドリル

・60ヤードシャトル

・ポジション特化のドリル

・インタビュー(1チーム60問まで質問可能。15分休憩)

・身体測定

・怪我のチェック

・薬物チェック

・サイベックステスト

(なんかよくわかんないけど柔軟性を測ったりとか)

・ワンデリックテスト

(一般常識的な筆記テスト)

と、全部で14テスト。

結構いっぱいやりますね。

疲れちゃいそうです。

特にインタビューがしんどそう。

ガキの使いの「100ののこと」みたいなやつをチームの数だけやる感じですね。w

スカウティング・コンバインに出るには?

招待制なので、選ばれし人しか受けれません。

自分から手をあげてもどうしようもないんですね。

335人まで選手は招待されます。

上位リーグの選手250人は、ボウルゲームの前に招待が来るそうです。

一応、下位リーグからも選抜してもらえるみたいで、

残りの枠に入る選手は1月の中旬頃に招待が来るらしいです。

スカウティング・コンバインの実用性

ほんとにこれらのテストで実力を測れるのかって疑問が多いみたいです。

確実に実力を知りたければ大学の時のパフォーマンスを見たほうがいいと。

全くその通りですね。w

代表的なのが、40ヤード走ってアメフトに直結するの?ってこと。

レイブンズのLBテレル・サッグスは

コンバインの40ヤード走が4.8秒とあまり速くなくて評価が低かったらしいですが、

プロ入り後はとんでもない活躍をしてますよね。

LBが40ヤード速くてもしょーがないんです。

レシーバーだって、かのアンクワン・ボールディンは4.7秒ですが、

クイックネスとか短い距離が速いから偉大なレシーバーになりましたし。

結局、40ヤードの速さは関係ないんですよね。

でも、コーナーバックは別です。

4.7秒のコーナーバックは一生かかっても4.4秒のレシーバーをカバーできません。w

何はともあれ登竜門

テストやる意味を議論になってはいますが、

偉大な選手はやっぱりそれなりの記録を残しているわけですし、

こんねもやしっ子が

スーパーボウル5回も制覇しました!

みたいな感じで、

あの頃は的な振り返りもできるからいいイベントかなって思います。

にしても、このビフォーアフターはすごいなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告