デマーカス・ウェア引退

こんにちは!

殿堂入り間違いなしと言われている最強のパスラッシャー、ブロンコスのデマーカス・ウェアが引退を表明しました。

Twitterへの投稿

とっても悩んだけど、NFLをやめて普通のオジさんになろうと決めました。

色んなチームから声をかけてもらってたし、自分としてもここ数年の中で1番動ける気がしていましたが、

アメフトに注いでいた情熱やパワーを、これからの人生の過ごし方や自身の健康に向けようと思います。

私をここまでの選手に育ててくれて神のご加護を授けてくださった全ての方々に感謝いたします。

とても素晴らしい経験をさせてくれたカウボーイズとブロンコスにも感謝いたします。

何年もサポートしてくれたチームメイト、コーチ、ファンと離れるのはとても寂しいことでしょう。

これからスパイクを脱いで次の目的地を目指して旅に出ようと思います。

「私は戦いを立派に戦い抜き、走るべき工程を走り抜き、信仰を守り通した。」

(テモテへの手紙2 第4章7)

人柄も素晴らしいのがよくわかりますね。

プロキャリア

2005年、カウボーイズにドラフト1巡指名されプロ入り。

数え切れないくらい様々な記録に名を残します。

通算サック数は史上8位。

カウボーイズに所属した9年間で、

サック数でカウボーイズのチーム記録を更新。

プロボウルに出ること9回。

サックリーダーになったシーズン2回。

これ以外にもたくさん記録があります。

なにより忘れられないのは、

僕が大学生の時に死ぬほどやったマッデン2009(テレビゲーム)で、

僕が使うウェアはオニ強くて痛快でした。w

テレビゲームでも親しんだ選手が引退しちゃうのは寂しいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告