2017年NFLドラフト注目選手〜パスラッシャー編〜

こんにちは!

2017年ドラフトで目玉となるであろうパスラッシャー達をご紹介します。

今年も粒が揃ってますね!

マイルズ・ギャレット

ギャレットは今年のドラフト最大の目玉です。

テキサスAT&T大学出身のDEです。

何と言っても身体能力がすごい。

なんだこの体。w

顔ちっちゃ。w

これでまだ21歳って信じられません。

もちろん、すごいのは体だけじゃなくてプレーもすごいです。

大学3年間で141タックル、31サック。

ぶっちぎりでドラフト1位候補です。

NFLコンバインの時は40ヤード走で4.64秒を記録しています。

これでもDEなら十分すぎるくらいはやいのですが、プロデイでもう一度計測すると4.61秒で走り記録を更新。

コンバインのタイムでは満足できないからもう一回走ったらしいです。

その貪欲さがいいですね。

ソロモン・トーマス

スタンフォード大学出身のDEです。

191cm、124kgとサイズは申し分なし。

トーマスも40ヤードを4.69秒で走るスピードを持ち合わせています。

速くて強い感じですね。

ただ、オフサイドの反則が多いのが懸念点らしいです。

デレク・バーネット

テネシー大学出身のDEです。

大学3年間でギャレットより多い33サック。

昨シーズンはシーズン14サックを記録。

通算33サックは、レジー・ホワイトの持っていた32サックというテネシー大学記録を更新です。

往年の名選手レジー・ホワイトの記録を抜いたということで、かなり期待できますね。

今年は豊富

ギャレットもトーマスもバーネットもドラフト上位指名間違いなしです。

この三人の他にも

タカレスト・マッキンレー(UCLA)

ティム・ウィリアム(アラバマ)

など有望選手がいます。

パスラッシャーが豊富な年ですね!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告