2017年NFLドラフト注目選手〜タイトエンド編〜

こんにちは!

2017年ドラフト候補のタイトエンドをご紹介します。

最近はどのチームもタイトエンドを重要視していて、チームのリーディングレシーバーがタイトエンドなんてこともありますよね。

O.J.ハワード

アラバマ大学出身。

ハワードを一言で表すなら

「 フィジカルモンスター 」

ですね。

筋肉がデカく、余計な脂肪がついていない引き締まった体、手足が長くて198cmの高身長。

おまけに足が速くて運動神経抜群。

カリンコリンのDBではこんなモンスターをタックルできません。

肩の三頭筋がデカすぎでしょ。w

ハワードはレッドスキンズのTEジョーダン・リードのプレーを見て参考にしたらしいです。

言われてみればすごい似てます。

ハワードもジョーダン並みの活躍を期待できますね。

デービッド・ヌジュク

マイアミ大学出身。

もはやレシーバー並みの身体能力。

ディフェンダーを内村航平ばりの前回りでかわしてタッチダウンしたことも。

すごい跳躍力と運動神経。

ファンタジスタです。

あと球際に強くて、ディフェンダーとの競り合いや交錯した時にも確実にキャッチできます。

このキャッチ力も魅力です。

エバン・エングラム

ミシシッピ大学出身。

ハワードとヌジュクより小柄ですが、

2人よりも圧倒的に足が速いです。

というか、そこらへんのレシーバーより足が速いです。

コンバインの40ヤード走では、4.41秒を記録しています。

(ハワードは4.51秒、ヌジュクは4.64秒)

エングラムの魅力は、レシーバーよりも大きな体と、レシーバーより速いスピードでランアフターキャッチがキレキレです。

パスをとったら大きなストライドでギューンっと加速してなかなかタックルできません。

僕がNFLのHCならレシーバーにコンバートさせて使いたいですね。

大きなレシーバー

3人ともレシーバーとしての能力が非常に高いです。

昨今、タイトエンドを多用するオフェンスがトレンドですが、この3人は流行の最先端って感じです。

ドラフト上位指名されること間違い無しです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告