ブラウンズのドラフト2巡目デショーン・カイザーはスターターを獲れるか!?

こんにちは!

昨年1勝15敗に終わったブラウンズは、柱となるスターターQBがいないことが長年の悩みとなっています。

ブラウンズにドラフト2巡目で指名されたQBデショーン・カイザーは、チームを生まれ変わらせるようなスターQBになれるでしょうか!?

ライバルは多い

カイザーにはたくさんのライバルQBがいる現状です。

3日間で行われるブラウンズのルーキーミニキャンプに参加したQBの人数は、カイザー含めて5人もいます。

カイザー以外の参加メンバーは以下の通り。

・ブランドン・ウィーデン(元テキサンズ)、33歳

・ブライアン・ホイヤー(元49ers)、31歳

・ジョシュ・マカウン(元ジェッツ)、37歳

・ロバート・グリフィン3世(元ブラウンズ)、27歳

ルーキーミニキャンプといいながら知らないベテランばかり。w

しかも3月10日にブラウンズをリリースされたばかりのRG3も参加しているんですね。

いずれにせよ、競争相手が多いので、このミニキャンプではしっかりアピールして欲しいです。

現実問題、カイザーがスタメン争いをするのはこの2人、

昨年ブラウンズのドラフト3巡コーディ・ケスラーと、

「cody kessler」の画像検索結果

テキサンズから移籍したブロック・オズワイラーの2人。

「brock osweiler」の画像検索結果

オズワイラーは何とも言えないけど、ケスラーは化けるかもと個人的には思っています。

カイザー自身も一皮剥けたい

193cm、106kgの恵まれた体格から投げれて走れる、

ポケット内での動きもいいし、名門ノートルダム大学出身でフットボールIQも高いと評判です。

これだけ聞くとすごく良さそうですが、パスの正確性に懸念を持たれています。

ノートルダム大学のコーチも、もう1年大学で経験を積むべきだったと言っています。

というのも、カイザーの大学通算でのパス成功率は60.7%でしたが、

大学最後のシーズンは58.7%に下がっています。

タッチダウン数0の試合が2試合あるなど、ノートルダム大学での最後のシーズンは4勝8敗と大きく負け越しています。

カイザーがブラウンズでスターターを勝ち取るには、

パスの正確性をあげて、チームを勝たせるプレーに徹せられるかにかかっているでしょう。

カイザーのスター性に期待!

カイザーにとっては2巡指名でラッキーでした。

というのも、1巡指名だと即戦力を期待されミスを許されないようなプレッシャーがありますが、

2巡指名でしたらそこまでのプレッシャーもなく、気長に成長を待てます。

前述したカイザーの未熟さも逆にいうとまだまだ伸び代が多いということ。

すでに大学の時から知名度抜群でスター性があるカイザーだから、

のびのび練習してもう一段階成長できたら一流のQBになれそうな予感です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告