2017年NFLトップ100(61位〜70位)

こんにちは!

NFLネットワークから毎週月曜日に発表されるNFLトップ100!

選手が選ぶ選手ランキングでしたね。

ちなみに

100人も選ばれたらあんまりすごくない選手もランクインするんじゃないかって思いますが、

1チームにつき53人まで選手をロスター登録できて、NFLには32チームあるので、

約1,700人の中から選ばれた100人ということになります。

こう考えると結構すごいですね!

ただでさえNFLに入るのは大変なのに!

というわけで、今週は61位から70位が発表されました。

71位以降のランキングもどうぞ。

・71〜80位

2017年NFLトップ100(71位〜80位)
2017年NFLトップ100から71位〜80位の発表です。今年のスーパーボウルで活躍した選手や珍しい名前のあの選手がランクインです。

・81〜100位

2017年NFLトップ100(81位〜100位)
2017年NFLトップ100から81位〜100位までをご紹介。去年トップ5位に入ったあの選手や初選出の選手が多数ランクインしています。

The TOP 100(61〜70)

※チーム名の後の数字は昨年の順位です。

61位:T.Y.ヒルトン(WR、コルツ、-)

62位:キャメロン・ウェイク(DE、ドルフィンズ、-)

63位:クリス・ハリス・ジュニア(CB、ブロンコス、52位)

64位:ケイシー・ヘイワード(CB、チャージャーズ、-)

65位:ジョーダン・リード(TE、レッドスキンズ、77位)

66位:ザビエル・ローズ(CB、バイキングス、-)

67位:グレッグ・オルセン(TE、パンサーズ、38位)

68位:ジーノ・アトキンス(DT、ベンガルズ、29位)

69位:ジェイ・アジャイ(RB、ドルフィンズ、-)

70位:カーク・カズンズ(QB、レッドスキンズ、85位)

どでかく使おうウェイクだよ!

ドルフィンズのDEキャメロン・ウェイクが62位にランクインしました。

僕の好きなベテランDEです。

プロボウルに選ばれるくらいすごい選手ですが、実はNFLに入るのに苦労しています。

過去の記事でウェイクをご紹介していますので、良ければ覗いてみてくださいね。

どデカく使おうウェイクだよ!
ドルフィンズのおじさんDEキャメロン・ウェイクがドルフィンズと2年の契約延長。まだまだ若い者には負けません。

リーディングレシーバーが61位

2016年シーズンに1,448ヤードでリーディングレシーバーとなったT.Y.ヒルトンが61位にランクイン!

低い!w

なぜなのか!w

やっぱチームが勝ててないと票を得にくいのかもしれません。。

ヒルトンは175cm、82kgと日本人並みの体ながら、40ヤードは4.34秒の俊足。

直線の速さもありますが、僕的には横の速さの方が抜きん出てすごいと思います。

リリース(プレー開始とともに左右に体を振ってCBを抜くスキル)はNFLトップレベルだと思います。

NFLのCBたちも声を揃えてヒルトンのことを「オバケ」って言ってます。

速すぎて目の前から消えちゃうんですね。

?/1700

ランクインした選手を見るとだんだん有名なスター選手が増えてきましたね。

昨年のリーディングレシーバーもランクインしてきました。

1,700人の中で1番のレシービング記録なのに61位はかわいそうですが。w

やっぱりNFLはビジネスですから試合に(スーパーボウルに)勝ってなんぼ。

1/1700(選手)より1/32(チーム)ですね!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告