ヒゲの大魔神、フィッツパトリックがバッカニアーズと契約!

こんにちは!

ジェッツからフリーエージェントとなっていたベテランQBラリー・フィッツパトリックがバッカニアーズと契約しました!

1年、300万ドルの契約です。

34歳になったフィッツパトリックですが、まだまだ現役続行のようです。

7つ目のチーム

フィッツパトリックにとってはNFL7チーム目の移籍です。

ラムズ(2005〜2006年)、

ベンガルズ(2007〜2008年)、

ビルズ(2009〜2012年)、

タイタンズ(2013年)、

テキサンズ(2014年)、

ジェッツ(2015〜2016年)、

そして今回のバッカニアーズです。

この中で1番所属期間が長かったチームはビルズで4年、

それ以外は大体2年でチームを去っていますね。

NFL史上、7チームでパスを成功させた選手は5人しかいないようで、

フィッツパトリックが6人目になるか期待がかかっています。

ベストはジェッツ時代の2015年

フィッツパトリックが1番輝いていたのは、ジェッツに所属していた2015年シーズンです。

この年、控えQBとしてジェッツと契約したフィッツパトリックですが、

先発QBのジーノ・スミスが、試合前にロッカールームでチームメイトと喧嘩し、顎の骨を折る重症。w

急遽、その年はフィッツパトリックが先発の座に繰り上がりました。

すると、キャリアハイとなるシーズン3,905パッシングヤード、

31タッチダウンパス、

15インターセプトと期待以上の好成績を残します。

シーズン31タッチダウンパスは、ジェッツのチーム記録を更新しました。

しかしながら、世間からはこの年の活躍が信用されず、たまたまだったという評価。

この世間の評価を覆したかったところですが、

翌2016年は、2,710パッシングヤード、

12タッチダウン、17インターセプトと散々な結果に。

世間の見る目の正しさに驚きましたが、w

この年限りでジェッツをリリースされ、今回のバッカニアーズとの契約に至ります。

バッカニアーズでも先発QBジャーミス・ウィンストンの控えとして期待されています。

控えQBとして試合に出るほうがプレッシャーなくいいプレー出来る選手な気がしてますので、今年は期待しています。w

ヒゲの大魔神

フィッツパトリックといえば、フサフサのヒゲです。

例え髪の毛を丸坊主にしても髭は剃りません。

チームメイトもみんな何故髭を剃らないのか気になっていますが、

誰も理由を聞くことができず、

自分が地雷を踏むのは避けたいみたいな心理があるようです。w

ベテラン選手がミステリアスだと若手は困っちゃいますね。w

でも似合ってるし、ヒゲがあってのフィッツパトリックなので、このまま引退までフサフサでプレーしてほしいものです。

p.s.

余談ですが、フィッツパトリックはハーバード大学出身という秀才です。

アメリカのスポーツ選手の中でも5本の指に入る頭の良さだとか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告