マイケル・オアー、脳震盪によりパンサーズを退団

こんにちは!

映画「幸せの隠れ場所」で有名なパンサーズのRTマイケル・オアーですが、脳震盪によりパンサーズを退団することになりました。

しあわせの隠れ場所 (字幕版)
  • 価格   ¥ 199
  • 販売者 Amazon.com Int'l Sales, Inc.
クリックして今すぐチェック

2016年9月からNFLの指定する脳震盪プロトコル(脳震盪になった時の決まりみたいなもの)に従っていましたが、

8年間のNFL生活で蓄積された脳へのダメージは深刻だったようで、プロトコルから復活することなくパンサーズから退団です。

オアーの脳震盪について

2016年シーズン、week3のバイキング戦で脳震盪になったオアーは、脳震盪から復帰することなくシーズンアウト。

今年に入ってからもチームのOTAやミニキャンプに参加することがなく、そのままチームを解雇されました。

解雇される何日か前には、自身のインスタグラムに信じられない量の錠剤(脳震盪のための薬)を撮った写真を投稿していましたが、即削除しています。

これらのことから、かなり深刻な脳のダメージがあることがわかりますね。

2009年にレイブンズのドラフト一巡指名でNFLの世界に飛び込んだオアーですが、

1年目から即戦力で活躍したが故に、8年間のプロ生活でかなり消耗していたようですね。

パンサーズにオアーの代わりになる選手はいる?

オアーの控えとなるRT候補には、今年3年目のダリル・ウィリアムズと、

ルーキーのテイラー・マートンがいます。

ダリル・ウィリアムズは、昨年からオアーに変わってスターターを務めています。

2015年にパンサーズがスーパーボウルに出場した際にもスターターを務めていたことがあり、経験は十分にあります。

テイラー・モートンは今年のドラフト2巡指名の選手です。

ダリル・ウィリアムズが4巡指名の選手だったことを考えると、モートンの方が秘めた潜在能力は高いかもしれません。

オアーの心中

NFLにとって脳震盪はかなり深刻な問題です。

脳震盪を英語で「コンカッション」と言いますが、まさにNFL選手の脳震盪問題を取り上げた『コンカッション』という映画が最近は話題を呼んでいます。

オアーにとってもこの解雇はショックだったのか、解雇発表から数日後には、Uberで呼んだタクシーの運転手を暴行し告訴される事態に。

なんでも、酔っ払ったオアーが運転手を押し倒し、蹴り上げた挙句、差別的な発言をしたとか。

映画を見る限り、あんなに温厚なオアーがこんなに荒れるんですから、相当なショックだのでしょう。

なんだかこっちまで悲しくなります。

この事件だけでも、脳震盪は解決すべき最優先事項だと思わされますね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告