2017年NFLドラフト結果『確認』〜AFC編〜

こんにちは!

昨日、10月26日は日本プロ野球ドラフト会議でした。

注目の清宮くんは日ハムが交渉権を獲得しましたね。

ドラフトで思い出したのですが、2017年のNFLドラフトされた選手たちはNFLでどのくらい活躍できているのでしょうか。

一人一人成績を確認してみました。

(記事はWeek7終了時点です。随時更新予定です)

全チーム紹介するのは大変なので、カンファレンスごとに記事を分けたいと思います。

この記事ではAFCに所属するチームのドラフト結果から確認していきます。

青字の選手は僕的に成功したなって思った選手です。

バッファロー・ビルズ

1巡:トレデービアス・ホワイト(ルイジアナ州立)、CB

→スターター。23タックル。1インターセプト。

2巡:ザイ・ジョーンズ(イースト・カロライナ)、WR

→スターター。7キャッチ。83ヤード。

2巡:ディオン・ドーキンス(テンプル)、OG

→タックルにコンバート(控え)

5巡:マット・ミラーノ(ボストン・カレッジ)、LB

→WLB控え。15タックル。1インターセプト。

5巡:ネイサン・ピーターマン(ピッツバーグ)、QB

→控え。

6巡:ターナー・バレジャオ(ボイジー州立)、LB

→MLB控え。1タックル。

マイアミ・ドルフィンズ

1巡:チャールズ・ハリス(ミズーリ)、OLB

→DEにコンバート(控え)。7タックル、1サック。

2巡:リークウォン・マクミラン(オハイオ州立)、LB

→怪我

3巡:コドレア・タンカースラー(クレムソン)、CB

→スターター。10タックル。

4巡:アイザック・アシアタ(ユタ)、OG

→控え

5巡:ダボン・ゴッドチョー(ルイジアナ州立)、DT

→控え。5タックル。

6巡:ビンセント・テーラー(オクラホマ州立)、DT

→控え。9タックル。

7巡:アイザイア・フォード(バージニア工科)、WR

→怪我

ニューイングランド・ペイトリオッツ

3巡:デレク・リバー(ヤングスタウン州立)、DE

→怪我

3巡:アントニオ・ガルシア(トロイ)、OT

→不明

4巡:デアトリッチ・ワイズ(アーカンザス)、DE

→DTにコンバート(スターター)。11タックル。3サック。

6巡:コナー・マクダーモット(UCLA)、OT

→不明

ニューヨーク・ジェッツ

1巡:ジャマール・アダムス(ルイジアナ州立)、S

→スターター。35タックル。2サック。

2巡:マーカス・メイヨ(フロリダ)、S

→スターター。36タックル。2インターセプト。

3巡:アーダリアス・スチュアート(アラバマ)、WR

→控え。4キャッチ。36ヤード。

4巡:チャド・ハンセン(カリフォルニア)、WR

→控え。

5巡:ジョーダン・レゲット(クレムソン)、TE

→控え。

5巡:ダイラン・ドナフー(ウエスト・ジョージア)、DL

→LBにコンバート(控え)。5タックル。

6巡:エリジャアー・マクギア(ルイジアナ・ラファイエット)、RB

→控え。47キャリー。205ヤード。1タッチダウン。

6巡:ジェレミー・クラーク(ミシガン)、CB

→不明

6巡:デレク・ジョーンズ(ミシシッピ)、CB

→控え

ボルチモア・レイブンズ

1巡:マーロン・ハンフリー(アラバマ)、CB

→控え。11タックル。

2巡:タイラス・ボウザー(ヒューストン)、OLB

→控え。6タックル。1サック。1インターセプト。

3巡:クラス・ウォームリー(ミシガン)、DE

→控え。4タックル。

3巡:ティム・ウィリアムズ(アラバマ)、OLB

→控え。3タックル。

4巡:ニコ・シラグサ(サンディエゴ州立)、OG

→控え。

5巡:ジャマイン・エルムナー(テキサスA&M)、OG

→控え。

6巡:チャック・クラーク(バージニア工科)、DB

→FSの控え。6タックル。

シンシナティ・ベンガルズ

1巡:ジョン・ロス(ワシントン)、WR

→控え。

2巡:ジョー・ミクソン(オクラホマ)、RB

→控え。74キャリー。235ヤード。1タッチダウン。

3巡:ジョーダン・ウィリス(カンザス州立)、OLB

→DEにコンバート(控え)。13タックル。1サック。

4巡:カール・ローソン(オーバーン)、OLB

→控え。6タックル。3.5サック。

4巡:ジョシュ・マローン(テネシー)、WR

→控え。

4巡:ライアン・グラスゴー(ミシガン)、DT

→控え。9タックル。

5巡:ジェイク・エリオット(メンフィス)、K

→不明。

5巡:J.J.ダイルマン(ユタ)、C

→不明。

6巡:ジョーダン・エバンズ(オクラホマ)、LB

→控え。2タックル。

6巡:ブランドン・ウィルソン(ヒューストン)、RB

→不明。

7巡:マーロン・シュレック(バッファロー)、TE

→控え。

クリーブランド・ブラウンズ

1巡:マイルズ・ギャレット(テキサスA&M)、DE

→スターター。11タックル。4サック。

1巡:ジャブリル・ペッパーズ(ミシガン)、S

→スターター。26タックル。

1巡:デビッド・ヌジュク(フロリダ)、TE

→控え。16キャッチ。176ヤード。3タッチダウン。

2巡:デショーン・カイザー(ノートルダム)、QB

→スターター。パス成功率52%。965ヤード。3タッチダウンパス。

3巡:ラリー・オグンジョビ(ノース・カロライナ・シャーロット)、DT

→控え12タックル。

4巡:ハワード・ウィルソン(ヒューストン)、CB

→控え。

5巡:ロデリック・ジョンソン(フロリダ州立)、OT

→控え。

6巡:カレブ・ブラントリー(フロリダ)、DT

→控え。6タックル。1サック。

7巡:ゼイン・ゴンザレス(アリゾナ州立)、K

→不明。

7巡:マット・デイズ(ノース・カロライナ州立)、RB

→控え。4キャリー。9ヤード。

ピッツバーグ・スティーラーズ

1巡:T.J.ワット(ウィスコンシン)、OLB

→スターター。26タックル。4サック。1インターセプト。

2巡:ジュジュ・スミス・スチュスター(サウス・カルフォルニア)、WR

→控え。17キャッチ。231ヤード。1タッチダウン。

3巡:キャメロン・サットン(テネシー)、CB

→控え。

3巡:ジェームス・コナー(ピッツバーグ)、RB

→控え。17キャリー。88ヤード。

4巡:ジョシュア・ダブス(テネシー)、QB

→控え。

5巡:ブライアン・アレン(ユタ)、DB

→CBの控え。

6巡:コリン・ホルバ(ルイスビル)、LS

→不明。

7巡:ケニオン・アダムス(ウエスタン・ミシガン)、OLB

→控え。

ヒューストン・テキサンズ

1巡:デショーン・ワトソン(クレムソン)、QB

→スターター。パス成功率61.5%。1,297ヤード。15タッチダウンパス。

2巡:ザック・カニンガム(バンダービルト)、LB

→スターター。31タックル。

3巡:ドンタ・フォアマン(テキサス)、RB

→控え。50キャリー。207ヤード。

4巡:ジュリアン・ダベンポート(バックネル)、OT

→控え。

4巡:カルロス・ワトキンス(クレムソン)、DT

→DEにコンバート(スターター)。3タックル。

5巡:トレストン・デコウド(オレゴン州立)、S

→CBにコンバート(控え)。2タックル。

7巡:カイル・フラー(ベイラー)、C

→控え。

インディアナポリス・コルツ

1巡:マリック・フッカー(オハイオ州立)、S

→怪我。22タックル。3インターセプト。

2巡:クインシー・ウィルソン(フロリダ)、CB

→控え。3タックル。

3巡:タレル・バッシュアム(オハイオ)、DE

→OLBにコンバート。1タックル。

4巡:ザック・バナー(サウス・カリフォルニア)、OT

→不明。

4巡:マーロン・マック(サウス・フロリダ)、RB

→控え。32キャリー。156ヤード。2タッチダウン。

4巡:グローバー・スチュアート(アルバニー州立)、DT

→控え。6タックル。

5巡:ネイト・ハリソン(テンプル)、CB

→控え。18タックル。2サック。

5巡:アンソニー・ウォーカーJr.(ノース・ウエスタン)、LB

→控え。1タックル。

ジャクソンビル・ジャガーズ

1巡:レオナード・フォーネット(ルイジアナ州立)、RB

→スターター。130キャリー。596ヤード。6タッチダウン。

2巡:キャム・ロビンソン(アラバマ)、OT

→スターター。

3巡:ダウアン・スムート(イリノイ)、DE

→控え。8タックル。

4巡:デデ・ウエストブルック(オクラホマ)、WR

→控え。

5巡:ブライアー・ブラウン(オハイオ)、LB

→控え。2タックル。

7巡:ジャレン・ミリック(ミネソタ)、CB

→控え。

7巡:マーキューズ・ウィリアムズ(マイアミ)、FB

→不明。

テネシー・タイタンズ

1巡:コーリー・デービス(ウェスタン・ミシガン)、WR

→スターター。7キャッチ。73ヤード。

1巡:アドリー・ジャクソン(サウス・カリフォルニア)、CB

→スターター。27タックル。

3巡:タイワン・タイラー(ウェスタン・ケンタッキー)、WR

→控え。10キャッチ。178ヤード。1タッチダウン。

3巡:ジョヌ・スミス(フロリダ・インターナショナル)、TE

→控え。11キャッチ。107ヤード。2タッチダウン。

5巡:ジェイヨン・ブラウン(UCLA)、LB

→控え。21タックル。

6巡:コーリー・レビン(テネシー・チャッタノーガ)、DL

→OGにコンバート(控え)。

7巡:ジョシュ・キャラウェイ(テキサス・クリスチャン)、OLB

→不明。

7巡:ブラッド・シートン(ビラノバ)、OT

→不明。

7巡:ハルファニ・ムハンマド(カリフォルニア)、RB

→不明。

デンバー・ブロンコス

1巡:ギャレット・ボールズ(ユタ)、OT

→スターター。

2巡:デマーカス・ウォーカー(フロリダ州立)、DE

→OLBにコンバート(控え)。2タックル。

3巡:カルロス・ヘンダーソン(ルイジアナ工科)、WR

→控え。

3巡:ブレンダン・ラングリー(ラマー)、CB

→控え。

5巡:ジェイク・バット(ミシガン)、TE

→怪我。

5巡:イザイア・マッケンジー(ジョージア)、WR

→怪我。1キャッチ。0ヤード。

6巡:ディアンジェロ・ヘンダーソン(コースタル・カロライナ)、RB

→1キャリー。1ヤード。

7巡:チャド・ケリー(ミシシッピ)、QB

→不明。

カンザスシティ・チーフス

1巡:パトリック・マホームズ(テキサス工科)、QB

→控え。

2巡:タノー・パスンノ(ビラノバ)、DE

→控え。

3巡:カリーム・ハント(トレド)、RB

→スターター。124キャリー。717ヤード。4タッチダウン。

4巡:ジェフ・チェッソン(ミシガン)、WR

→控え。

5巡:ユキーム・エリウェ(ジョージア・サウザン)、LB

→控え。1タックル。

6巡:レオン・マキュアイ3世(サウス・カリフォルニア)、S

→不明。

ロサンジェルス・チャージャーズ

1巡:マイク・ウィリアムズ(クレムソン)、WR

→控え。1キャッチ。15ヤード。

2巡:フォレスト・ランプ(ウェスタン・ケンタッキー)、OG

→不明。

3巡:ダン・フリーニー(インディアナ)、OG

→控え。

4巡:レイショーン・ジェンキンス(マイアミ)、S

→控え。7タックル。

5巡:デズモンド・キング(アイオワ)、S

→23タックル。

6巡:サム・テビー(ユタ)、OT

→控え。

7巡:アイザック・ロッチェル(ノートルダム)、DT

→不明。

オークランド・レイダース

1巡:ガレオン・コンリー(オハイオ州立)、CB

→控え。7タックル。

2巡:オビ・メルフォンウ(コネチカット)、S

→控え。

3巡:エディ・バンダードーズ(UCLA)、DT

→スターター。6タックル。

4巡:デービッド・シャープ(フロリダ)、OT

→控え。

5巡:マーキュエル・リー(ウェイク・フォレスト)、LB

→スターター。18タックル。

7巡:シャローム・ルアーニ(ワシントン州立)、S

→控え。

7巡:ジェイラン・ウェア(アラバマ州立)、OT

→控え。

7巡:エリジャー・フット(ノース・カロライナ)、RB

→不明。

7巡:トレイボン・ヘスター(トレド)、DT

→控え。7タックル。

総評

今年一番のドラフト成功はチーフスの3巡、RBカリーム・ハントですね!

3巡指名ながらスターターRBになるだけでなく、717ラッシングヤードでリーディングラッシャーの活躍。

一方で、ブラウンズはAFCの中で1番ドラフト成功した感じがしていましたが、そこまでみんな活躍できてなくて、今年もチームは低迷していますね。w

あと、特筆すべきはジェッツですね。

高順位でアダムスとメイヨを指名して、セーフティ2人も取ってる場合じゃないだろとか、

今年もジェッツはダメだとか、ドラフト失敗したような評価をされていましたが、

2人ともいい感じで活躍していますし、

チームは3勝4敗と前評判より頑張っています。

これで来年オフェンスを強化できればかなりいいチームになりますね。

あとは、僕が注目しているベンガルズのWRジョン・ロス。怪我を治して活躍してほしいなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告