2018年NFLトップ100(91位〜100位)

こんにちは!

今年もこの季節がきました。

2018年のNFLトップ100!!!!!

NFLトップ100とは、

「NFL選手が選ぶNFL選手ランキング」です。

2017年は見事、

というか、分かりきった結果ですが、

ペイトリオッツのQBトム・ブレイディが1位になりましたね。

2017年NFLトップ100(1位〜10位)
2017年NFLトップ100からついに1位〜10位の発表がありました。やっぱりあの選手が1位でした。

めっちゃ余談ですがマリナーズのイチローがトム・ブレイディのことを知らなくてニュースになってましたね。www

(イチロー:トム・ブレイディってヤローは一体誰だ?)

というわけで、91位〜100位のメンバーを確認してみましょう。

The TOP 100 (91〜100)

※チーム名の後の数字は昨年の順位です

・91位:デービッド・ベイクシャリ(G、パッカーズ、-)

・92位:ランドン・コリンズ(S、ジャイアンツ、28位)

・93位:マイク・ダニエルズ(DT、パッカーズ、84位)

・94位:カーク・カズンズ(QB、バイキングス、70位)(レッドスキンズから移籍)

・95位:レーン・ジョンソン(T、イーグルス、-)

・96位:マルコム・ジェンキンス(S、イーグルス、90位)

・97位:カルロス・ハイド(RB、ブラウンズ、-)(49ersから移籍)

・98位:C J モズリー(LB、レイブンズ、-)

・99位:ダグ・ボールディン(WR、シーホークス、88位)

・100位:ハハ・クリントン・ディックス(S、パッカーズ、77位)

オールプロのレーン・ジョンソンが95位て…

カーク・カズンズ、ダグ・ボールディン、ハハ・クリントン・ディックスなど、有名どころが入ってきましたね。

そんな中で1番気になったのは、レーン・ジョンソンの順位。

レーン・ジョンソンは、イーグルス不動のRTとして2017年スーパーボウル制覇に大きく貢献しています。

しかも、自身初となるプロボウル選出、さらに、オールプロのファーストチームです。

ファーストチームですよ?www

並みいるNFLのOLから5人しか選ばれないうちの1人ですよ?

それが95位て…

おかしいやろー!!!!!!wwww

OLの陽の当たらなさに悲しくなります。www

頑張れカズンズ

2016年シーズンはむちゃくちゃ活躍したおかげで、ハードルが上がりきっていたカズンズ。

<2016年>

試合 Att Comp Pct Yds Avg TD Int Sck Rate
16 606 406 67.0% 4,917 8.1 25 12 23 97.2

2016年シーズン終了後には、2年連続フランチャイズプレーヤー(他のチームから移籍交渉されなくなるやつ)に指定されました。

QBが2年連続フランチャイズ・タグを貼られることはNFL史上初らしいですよ。

2017年もそんなに悪くない成績なんですけどね。

<2017年>

試合 Att Comp Pct Yds Avg TD Int Sck Rate
16 540 347 64.3% 4,093 7.6 27 13 41 93.9

3年連続でパス4,000ヤード超えなんですけどね。

タッチダウン数も増えているんですけどね。

ハードルが上がりきってたからこの順位ですね。www

あと、レッドスキンズは7勝9敗でプレーオフ進出できませんでした。

たぶんこれがデカイです。

97位のカルロス・ハイドも2年連続で1,000ヤード弱走っているんですけど、

49ersが6勝10敗でプレーオフに出場できていないからこの順位かもですね。

結局、チームを勝たせられる選手は存在感を放てるわけですね。

あと、単純にプレーオフ出てれば、露出回数が増えて印象に残ります。

まとめ

そこそこ有名な選手が名前を連ねた感じの91位〜100位でした。

知名度はそこそこでも、みんな十分に実力はあります。

チャンスの有無やタイミングの差だけで、もっと上位にいけるメンバーですね。

カーク・カズンズやカルロス・ハイドは2018年からチームを移籍して環境が変わりますので、

今までよりも活躍して存在感を出せるといいですね。

いずれにせよ、オールプロのレーン・ジョンソンが95位ってのが納得いかない順位発表でした。www

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告