【カイラー・マレー】2019年のドラフト1位!期待のスーパールーキーQB

こんにちは!

2019年のNFLドラフトで全体1位指名を獲得しアリゾナ・カーディナルスに入団したQBカイラー・マレーをご紹介します。

シーホークスのQBラッセル・ウィルソンの再来と言われているマレー。

どのような人物なのか、ご紹介したいと思います。

マレーの基本的なデータ

誕生日:1997年8月7日(21歳)

出身地:アメリカ/テキサス

身長:1.78m

体重:94kg

身長はNFLでQBをやるには低いですね。

ラッセル・ウィルソンと共通するところの1つです。

テキサス A&M大学時代

2015年にテキサス A&Mに入学しました。

現パンサーズのQBカイル・アレンとのスタメン争いに破れますが、チームがシーズン2連敗したことでチャンスが訪れます。

シーズン5TD、7INT、パサーレイティング109.2とまずまずの記録を残しました。

そして、シーズン終了後にオクラホマ大学へ移籍することになりました。

Embed from Getty Images

オクラホマ大学時代

移籍後は1年間試合に出れないというNCAAルールにより、2016年は出場機会がありませんでした。

ベイカー・メイフィールド・ルールと呼ばれるルールです。

奨学金を出せる裕福な大学が有利にならないようにするルールですね。

NCAAルールの制限が溶けた2017年シーズンは、現ブラウンズのベイカー・メイフィールドのバックアップQBとして1年間を過ごしました。

(上記ルールの元になった選手ですね)

Embed from Getty Images

メイフィールドも2018年のドラフト全体1位でブラウンズに入団しましたが、この年のメイフィールドは神がかっていたため、マレーにはあまり出場機会がありませんでした。

そしてメイフィールド卒業後の2018年、スターターに選ばれたマレーはハインズマン賞を受賞する大活躍をみせました。

投げては4,361ヤード、42TD。走っては1,001ヤード、12TD。

投げて4,000ヤード、走って1,000ヤードという記録は、2015年に記録した現テキサンズのQBデショーン・ワトソン以来史上2人目の快挙でした。

Embed from Getty Images

野球センス

実は、マレーは2018年にオークランド・アスレチックスからドラフト1位指名されています。

NFLドラフトの1年前ですね。

MLBとNFLからドラフト1位指名されたのは、マレーが歴史上初とのことです。

ただしMLBでプレーはしていません。

Embed from Getty Images

家族

お父さん

ケビン・マレーは、元テキサス A&MのQBでした。

49ersにも一瞬入団しましたが、足首の怪我などを理由に即リリースされています。

叔父さん(お父さんの弟)

カルビン・マレーは元メジャーリーガーです。

センターを守っていて、サンフランシスコ・ジャイアンツ、テキサス・レンジャーズ、シカゴ・キャブスでプレーしました。

かの有名なランディ・ジョンソンの投げた球が鳩に当たった事件の時のバッターがこのカルビン・マレーでした。

お母さん

カイラー・マレーのお母さんはアフリカ系アメリカ人と韓国系アメリカ人のハーフです。

つまり、マレーは韓国人のクウォーターです。

言われてみれば少しアジアンっぽい感じがありますよね。

Embed from Getty Images

まとめ

マレーは、シーズンを通してプレーした経験が2018年シーズンの1年しかないため、そこを懸念していたスカウトもいたそうです。

しかし、投げて走って非常に高いセンスを感じますし、親族もスポーツ選手のサラブレッドですから、私個人的にはあまり心配していません。

おまけにアジア人の血も引いていて、将来の活躍が楽しみですし、これからも注目したい選手ですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告