4月から大学生になるみなさんへ

こんにちは!

4月から大学生になる皆さん、おめでとうございます!

「入学 桜 イラスト」の画像検索結果

「大学生」になるってことで夢や期待が膨らんでいるんじゃないかなと思います。

僕も大学生になるときは、バイトたくさんしてお金貯めよう!

とか、

英語の勉強をして留学しよう!

とか、色々考えていました、、、

が、

僕は入学前には全く考えていなかった体育会の部活に入ることにしました。

そう、アメフト部です。

「usc trojans」の画像検索結果

本当に心からアメフト部に入って良かったと思っています。

まじです。チョーまじです。

というわけで、新大学生の皆さんにもアメフトについて少しでも考えていただきたく、

僕から「アメフトのすすめ」についてお伝えさせてください。

「学問のすすめ」の画像検索結果

興味が全く無いよ、時間の無駄よ、あ、バイトの時間だ(エガちゃん)、っていう君も、

騙されたと思って最後まで読んでみてくださいね。w

なぜ部活をやるべきなのか

では、まずアメフトを置いといて、なぜ部活に入るべきなのか。

部活の利点

・マブダチができる

・就活に有利

・人として成長できる

・達成感、充実感を得られる

・自信がつく

・大学生活にメリハリができる

からです。

挙げようと思えばもっと挙げれますがこんなところかな。

大学でのコミュニティー

そうは言っても大学のことは何も知らないと思うので、

大学で所属できる主なコミュニティーには、以下の4つがあります。
・部活

・サークル

・ゼミ、研究室

・バイト

この中で、4年間通して活動できる場としては部活サークルになってくると思います。

では、サークルより部活の方がいい理由はなんでしょうか。

サークルより部活がいい理由

サークルももちろん楽しいですし、仲間もできます。

全然否定しません。

むしろ入った方がいいと思います。

だけど、高校まで部活をやってきた学生にとっては、遊びでスポーツをするのは物足りないはずです。

スポーツのサークルに入ってくる学生は、必ずしもそのスポーツを経験していません。

なので、実際にプレーすると競技レベルに差が出て来ます。

経験者、未経験者はお互いに気を使ってプレーしないといけません。

これってなかなか退屈だと思いませんか?

もう一つ理由があります。自分が会社を立ち上げて社長になったと想像してみてください。

就活の面接に来た学生A学生Bのどちらを採用したいですか?

学生A「サークルでは、いかにみんなが快適にフットサルができるよう考えて活動していました。」

学生B「部活では、いかに勝てる組織になれるかを考えて活動していました。」

完全に学生Bですね。w

学生生活のほとんどを部活に捧げて来た学生Bと、バイトとか飲み会とか旅行とか色々やっている中でサークル活動をしている学生Aでは、主活動に対する本気度が全然違います。

このように社会で評価されやすいのは部活である可能性が高いです。

部活の中でもアメフト部

じゃあ、部活の中でもなぜアメフトの方がいいのでしょう。

アメフトは完全分業制の専門性が高いスポーツなので、誰にでもできるという特徴があります。

未経験でも大学から始められるのです。

日本では大学から始める人が非常に多いです。

ゴリマッチョじゃなくてもできるよ

アメフトってイメージすると汗臭い鬼のような男を想像すると思います。w

実際、そういう人もいますが、アメフトは様々なポジションがあって、みんながみんな鬼ではないです。

例えば走るポジション。

こういう細い人でも足が速ければできちゃいます。

「desean jackson」の画像検索結果

あとは投げるのが得意な人、

「tom brady」の画像検索結果

ボールを蹴るのが得意な人、

もちろん、足が遅くてボールを投げれなくても、体が大きい人ができるポジションもたくさんあります。

「michael oher」の画像検索結果

(映画「幸せの隠れ場所」のモデルになったマイケル・オア)

このように自分にあったポジションが誰にでもあって、才能を活かすことができます。

アメフトをやったことがなくても、今まで培って来た肉体を活かせるのです。

なにより面白い

日本では知名度が低く、マイナースポーツのアメフトですが、

アメリカでは野球やバスケを抜いて1番人気があります。

「superbowl」の画像検索結果

ルールは全てのスポーツのいいとこ総取りって感じ。

見てて面白いだけじゃなく、非常に戦略が豊富で奥が深いスポーツです。

みなさん、野球やバスケやサッカーは好きで面白いと思いますよね?

それならアメフトも面白いと感じることができると思います。

それらのスポーツと全然違うけど新鮮で新しい面白さがアメフトにはあります。

最後に

長々と最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

正直、これを読んで「よし、アメフトやろう!」と思えた人はいないと思いますが、w

選択肢の一つとして「アメフト部」を入れていただければと嬉しいです。

アメフト部はどこの大学も勧誘が熱心なので、校内で声をかけられることもあるかと思いますが、

その時は話だけでも聞いてみてください。

きっと損はしないはずです。

僕もアメフト部に声をかけられた時は、「せっかくだから話だけ聞いてやるか」って感じでした。

今となっては、あの時声をかけてくれた先輩にはとても感謝しています。

こんなに面白いスポーツを大学から始められて、一生の仲間ができたんですから。

「clemson football」の画像検索結果

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告