エジキール・エリオット100%

こんにちは!

ESPNから年に1回発行される「ボディ・イシュー」という雑誌をご存知でしょうか?

主にアスリートの体を扱う雑誌ですが、なぜか全員裸で写真を撮ります。w

全裸ですが大事なところはうまーく隠して、アスリートの肉体美を余すことなく読者にお届けする雑誌です。

今年はNFLから、カウボーイズのエジキール・エリオットがモデルに選ばれました。

とにかく明るい安村っぽいですが、エリオットは何も履いてないので安心できません。

丸腰ですので、そういう意味ではアキラ100%の方ですね。(無理に芸人に例えなくてもいいんだけどw)

昨年は、この間引退を表明したビンス・ウィルフォークがやってましたね。

あれはすごい体でした。

とにかく明るいヴィンス・ウィルフォーク
テキサンズのNTヴィンス・ウィルフォーク選手が引退を示唆するコメントをしました。ウィルフォーク選手の経歴や人柄についてまとめています。

エリオットの腹筋

エリオットといえば、この腹を出したスタイルが代名詞。

エリオットのこの感じよく見ますよね。

アメフト選手にはこうやってジャージを捲り上げる人が結構います。

でも、エリオットの場合は、アンダーシャツを着ていないので捲り上げると腹が出ちゃうんです。

にしても、このお腹の盛り上がり。

たまに日本で細マッチョですとか言って腹筋割れてますとかいうヒョロガリがいますが、

あんなんただ体脂肪率が低くて割れてるだけです。(辛辣)

それにひきかえ、エリオットは筋肉がデカくて完全に腹筋が浮き上がる形で6パックです。

本人曰く、10歳か11歳の時から6パックだったとのこと。

さすがにそれは嘘やろと思いますが、もしかしたら本当かもしれないと思わせるからすごい。

エリオットの体を作る秘訣

ESPNのインタビューで色々話していますが、

一言でいうと、とにかく色んなスポーツやろうぜってことらしいです。

エリオットは、5〜6歳の時に野球を始めて、7歳の時にアメフトを始めたようです。

それから高校生では、時期によってスポーツを変え、

バスケやったりアメフトやったりなどなど。

いろんなスポーツを経験した方が体の使い方の幅が広がるとのこと。(これには僕も同感)

ただ、暇さえあればスポーツをやってたから、学生時代のエリオットにオフシーズンというものはなくて、

18歳でオハイオ州立大学に入るまでウエイトトレーニングをするタイミングがなくてヒョロガリだったとのこと。

日本のプロスポーツ選手よりも徹底した管理の下トレーニングできるNCAAの環境だからかもしれませんが、

大学からウエイトトレーニング始めてこの体になれたのはヤバイですね。

余談ですが

エリオットのファーストネーム、"Ezekiel"をなんて読むかで流派が別れますね。

僕は「エジキール」派ですが、人によっては「エゼキエル」って読む人もいます。

ちなみにグーグル先生も「エゼキエル」派です。

でも僕は「エジキール」の方が英語の発音に近い気がしててこっち派です。(どうでもいいーw)

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告