エリック・ベリー大復活!

こんにちは!

本日もオフシーズンの契約更改について。

チーフスは、SSエリック・ベリーと6年7800万ドルの契約をまとめました!

日本円にして約87億9400万円!

とんでもない!!!

でも、それだけの価値がある選手だし、

何より、人柄とか病気から復帰した経緯とか考えると、この契約は素直にファンも喜べます。

プロ入り後から病気になるまで

史上最高のセーフティと評され、

チーフスからドラフト1位、全体5位で指名されたベリー。

ルーキーイヤーからいきなりプロボウルに選ばれるくらい活躍!

ベリーが入る前のチーフスはディフェンスランキングが32チーム中29位だったのが、

ベリーが入団した2010年には、11位までランキングが上昇。

新人からチーム1位のインターセプト数、チーム2位のタックル数と大暴れ。

そして、プロボウルにはプロ生活7年で5回も選ばれています。

フットボールでは順風満帆のベリーでしたが、

プロ入り4年目の2014年、病に侵されます。

ホジキンリンパ腫

ホジキンリンパ腫。

要するにガンになってしまいました。

幸いにも状態が良かったため、化学療法で治療が可能でした。

2014年途中でシーズンアウトし、オフシーズンから治療を行いました。

長く辛い闘病生活を終えた2015年7月、

チーフスはベリーが回復したことをツイッター上で報告。

復帰した2015年シーズンは、シーズン61タックル、2インターセプト、

プロボウルにも選ばれ、ほんとにガンだったのかってくらい完全復活。

そして極めつけは昨シーズンのweek13ファルコンズ戦。

ガンから復帰してから初の生まれ故郷アトランタで行われるゲーム。

昨シーズンMVPのライアンから37ヤードのインターセプトリターンタッチダウンを決め、

タッチダウン後のボールを母親に手渡す親孝行ぶり。

さらに、第4クウォーター残り約4分半、27対22で勝っていましたがタッチダウンを取られて逆転。

27対28となり、ファルコンズはツーポイントコンバージョンを選択。

ライアンの投じたパスをベリーがこの日2回目のインターセプト。

そのまま97ヤード独走し再逆転、故郷アトランタでの凱旋試合を勝利に導きました。

試合後のインタビューで、試合前も試合中も最後も泣いてしまったとのことです。

すごいストーリーですね。

映画化出来そうです。

チャリティー活動

ちなみにベリーはチャリティー精神が旺盛で、

エリック・ベリー・ファンデーション  という、子供のための組織を立ち上げて活動しています。

他にもベリーも同じガンになった人を応援したり。

大金を手にしても世のため人のために使いそうってところがあって、

とんでもない契約でも嫌味にならないし、応援したくなりますね。

来シーズンの活躍に期待です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告