2018年NFLトップ100(21位〜30位)

こんにちは!

2018年(2017年シーズン)NFLトップ100の21位〜30位についての記事になります!

NFLトップ100とは、

NFL選手が選ぶ、NFL選手ランキング」です。

NFLネットワークっていうアメリカのテレビがやっているランキングで、オフシーズンの毎週月曜日に10人ずつ発表されます。

さて、21位〜30位は誰がランクインしたのでしょうか。

過去のランキングはこちらからどうぞ。

・31位〜40位

2018年NFLトップ100(31位〜40位)
NFLトップ100から31位〜40位をご紹介します。若手有望株のQBとRBがランクインしました。

・2018年41位〜50位

2018年NFLトップ100(41位〜50位)
2018年NFLトップ100から41位〜50位のご紹介です!2017年に活躍しトップ100初選出の中堅選手をご紹介します。

・2018年51位〜60位

2018年NFLトップ100(51位〜60位)
2018年NFLトップ100から51位〜60位のご紹介です!ヒーローになったQBや期待のルーキー、問題を起こしちゃった選手もランクインしています。

・2018年61位〜70位

2018年NFLトップ100(61位〜70位)
こんにちは! 2018年NFLトップ100から61位〜70位が発表されました! NFLトップ100とは、 「NFL選手...

・2018年71位〜80位

2018年NFLトップ100(71位〜80位)
こんにちは! 2018年NFLトップ100から71位〜80位が発表されました! NFLトップ100とは、 「NFL選手...

・2018年81位〜90位

2018年NFLトップ100(81位〜90位)
こんにちは! 2018年NFLトップ100から81位〜90位が発表されました! NFLトップ100とは、 「NFL...

・2018年91位〜100位

2018年NFLトップ100(91位〜100位)
こんにちは! 今年もこの季節がきました。 2018年のNFLトップ100!!!!! NFL...

・2017年

2017年NFLトップ100(1位〜10位)
2017年NFLトップ100からついに1位〜10位の発表がありました。やっぱりあの選手が1位でした。

NFL TOP100(21〜30)

※チーム名の後の数字は前年の順位です

・21位:ボビー・ワグナー(LB、シーホークス、39位)

Embed from Getty Images

・22位:A.J.グリーン(WR、ベンガルズ、17位)

Embed from Getty Images

・23位:パトリック・ピーターソン(CB、カーディナルス、19位)

Embed from Getty Images

・24位:トラビス・ケルシー(TE、チーフス、26位)

Embed from Getty Images

・25位:キャム・ニュートン(QB、パンサーズ、44位)

Embed from Getty Images

・26位:キャメロン・ジョーダン(DE、セインツ、ー)

Embed from Getty Images

・27位:ラリー・フィッツジェラルド(WR、カーディナルス、45位)

Embed from Getty Images

・28位:チャンドラー・ジョーンズ(DE、カーディナルス、85位)

Embed from Getty Images

・29位:マット・ライアン(QB、ファルコンズ、10位)

Embed from Getty Images

・30位:レショーン・マッコイ(RB、ビルズ、27位)

Embed from Getty Images

セインツのエッジラッシャー、キャメロン・ジョーダン

セインツ一筋7年のエッジラッシャー、DEキャメロン・ジョーダンが26位にランクインしました。

昨年(2016年シーズン)はランクインしていなくて、

2013年シーズンと2015年シーズンに99位にランクインしたのが最高順位だったので、今回大幅にランクアップしました。

キャメロン・ジョーダンの動画を見ていただくとわかりますが、スピードとパワーを兼ね備えた選手で、OLと一対一になれば負けないですし、RBがブロックのフォローに来ても跳ね飛ばしてしまう力があります。

2017年シーズンは自身最高の13サックをマークし、リーグ4位の記録。

試合 タックル サック インターセプト タッチダウン
16 62 13 1 1

オールプロの1stチームにも選ばれています。

キャメロン・ジョーダンはランストップでもパスラッシュでも力を発揮できる素晴らしいDEですが、

何よりもすごいのは、プロ7年間で112試合全てに出場していて、111試合にスタメンとして出場しています。

スタメンになれなかった1試合はルーキーシーズンの1試合だけです。

アメフトの中でも最もハードなポジションでありながら全ての試合に出続けるという、広島の鉄人・衣笠に並ぶくらいの鉄人です。

レジェンドWRフィッツジェラルド

カーディナルスのレジェンドWRラリー・フィッツジェラルドが27位にランクインしました。

このNFLトップ100自体は2011年から始まったのですが、2011年から8年連続でランクインしています。

・2011年:14位

・2012年:7位

・2013年:22位

・2014年:38位

・2015年:68位

・2016年:27位

・2017年:45位

・2018年:27位

2017年シーズンの記録は以下の通りです。

試合 Rec Yds Avg Yds/1試合 TD
16 109 1,156 10.6 72.2 6

レシーブ回数はリーグ2位、レシービングヤードはリーグ8位と衰えを知りません。

ルートの取り方、球際の強さ、補給範囲の広さ、ランアフターキャッチの巧さなど、どれを取っても超一流のスーパーレシーバーです。

チャージャーズのWRキーナン・アレンが、

「フィッツジェラルドみたいなレシーバーにパスを取りたい」

「フィッツジェラルドみたいにルートを走りたい」

って喋ってますね。

ブラウンズのWRジャービス・ランドリーも「フィッツジェラルドは一番好きなレシーバーだ」って言ってますね。

各チームのエースWRから憧れの的であるのがスゴさを物語っています。

まさにGOAT(Great Of All Time)。

まとめ

長年同じチームでやってる選手がたくさんランクインしてましたね。

21位のボビー・ワグナーは2012年にシーホークスに入団して6年。

22位のA.J.グリーンは2011年にベンガルズに入団して7年。

23位のパトリック・ピーターソンは2011年にカーディナルスに入団して7年。

24位のトラビス・ケルシーは2013年にチーフスに入団して5年。

25位のキャム・ニュートンは2011年にパンサーズに入団して7年。

26位のキャメロン・ジョーダンは2011年にセインツに入団して7年。

27位のラリー・フィッツジェラルドは2004年にカーディナルスに入団して14年。

29位のマット・ライアンは2008年にファルコンズに入団して10年。

みんなずっと同じチームで頑張っていて、それ故にファンが多い人気選手ですね!

こうやって見ると2011年入団のキャム・ニュートン世代が強い!

1980年生まれが松坂世代ならば、2011年入団はキャム世代ですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告