2018年NFLトップ100(71位〜80位)

こんにちは!

2018年NFLトップ100から71位〜80位が発表されました!

NFLトップ100とは、

NFL選手が選ぶ、NFL選手ランキング」です。

NFLネットワークっていうアメリカのテレビがやっているランキングで、毎週月曜日に10人ずつ発表されます。

さて、71位〜80位は誰がランクインしたのでしょうか!?

過去のランキングはこちらからどうぞ。

・2018年81位〜90位

2018年NFLトップ100(81位〜90位)
こんにちは! 2018年NFLトップ100から81位〜90位が発表されました! NFLトップ100とは、 「NFL...

・2018年91位〜100位

2018年NFLトップ100(91位〜100位)
こんにちは! 今年もこの季節がきました。 2018年のNFLトップ100!!!!! NFL...

・2017年

2017年NFLトップ100(1位〜10位)
2017年NFLトップ100からついに1位〜10位の発表がありました。やっぱりあの選手が1位でした。

The TOP 100 (71〜80)

※チーム名の後の数字は昨年の順位です

・71位:ザック・マーティン(G、カウボーイズ、58位)

・72位:デラニー・ウォーカー(TE、タイタンズ、75位)

・73位:トーマス・デービス(LB、パンサーズ、89位)

・74位:キャメロン・ウェイク(DE、ドルフィンズ、62位)

・75位:キャム・チャンセラー(S、シーホークス、34位)

・76位:メルビン・イングラム(DE、チャージャーズ、ー)

・77位:オデル・ベッカムJr(WR、ジャイアンツ、8位)

・78位:テイラー・ルーワン(T、タイタンズ、72位)

・79位:マーカス・ピータース(CB、ラムズ、32位)(チーフスから移籍)

・80位:ケビン・バイアード(S、タイタンズ、ー)

ケビン・バイアード、大活躍!

2017年はタイタンズの2年目セーフティ、ケビン・バイアードが大活躍しました。

2017年からスターターになったバイアード。

インターセプト8回は、NFL1位の記録。

加えて、自身初のオールプロファーストチームに選出。

さらに、怪我した人の代わりではありますが、プロボウルにも出場できました。

昨年は1度もインターセプトできなかったドラフト3巡選手でしたが、オールプロになるまでスターダムを駆け上がれた年になりました。

80位よりもっと上の順位でもいいくらいですね。

あまり強くないミドル・テネシー大学出身というバイアードの知名度の低さで80位止まりだったと予想されます。

インタビュー動画見る限り、だいぶ自信がついたみたいですし、来シーズンは更なる活躍を期待したいです!

(ポロシャツかわいいw)

OBJが77位にランクイン

2017年は8位にランクインしたOBJことオデル・ベッカムJrですが、今年は77位となりました。

リーグ屈指のレシーバーであり、リーグ屈指の問題児でもあるOBJですが、2017年は怪我で1年の大半を欠場しました。

Week5のチャージャーズ戦で左足首を骨折し手術をしたことで、それ以降の試合を欠場しています。

25キャッチ、302ヤード、3タッチダウンの成績でよく77位にランクインできたものです。

それだけ存在感がある選手なんだと思います。

存在感の強さを象徴するエピソードとして、2018年2月に

「おれはNFLで1番給料が高いレシーバーになりたいんじゃない、NFL史上1番給料が高いレシーバーになりたいんだ!」

とコメントしています。

正直、シーズン記録が302ヤードのレシーバーが言うセリフじゃないと思いますが、それでも言えるだけの実績と自信があるのでしょう。w

Even though Odell Beckham is still two years out from free agency, he's making his feelings known already that he wants to get paid. And he is not settling for ...

怪我からどれだけ回復できているか、NFL史上に残る選手となるか、2018.年シーズンは注目です。

マルチプレーヤー、ザック・マーティン

カウボーイズのRGであるザック・マーティンが71位にランクインしました。

2017年までのプロ4年間で、オールプロのファーストチームに選ばれること2回

プロボウルに出場すること3回というNFL屈指のOLですが、

これらの大活躍はRT(右タックル)としての経歴です。

2017年からマーティンはRG(右ガード)にコンバートし、

代わりにRTはラエル・コリンズが入りました。

マーティンは慣れないRGのポジションでパフォーマンスを落としたかに思われましたが、

4年連続4回目のプロボウル出場で、その心配は杞憂でした。

オールプロにもセカンドチームですが選出されています。

しかしながら、カウボーイズのオフェンスは2016年より元気がありませんでした。

ラッシングヤードでいうと、エリオットは2016年が1,631ヤードだったのに、2017年は983ヤード止まり。

QBの被サック数でいうと、2016年は25回だったのに、2017年は32回に増えています。

OLは5人のチームワークが大事だったりしますので、マーティンがRGにコンバートされた影響が少なからずあるのかもしれません。

1年やって慣れたでしょうから、2018年は本来の力を発揮して、カウボーイズオフェンスを引っ張ってくれると信じています。

まとめ

アメフトって気をつけていても怪我をしてしまうことがあって、

J.J.ワットとか、OBJとか、NFLを代表する選手ですら大怪我によりシーズンを棒に振っています。

J.J.ワットは2年連続の休場で、2018年シーズンで本来の力を発揮できるか心配されています。

OBJには、2018年は怪我なく、J.J.ワットの二の舞にならないよう活躍を願うばかりです。

一方で、長年活躍している選手もいて、

74位にランクインしたドルフィンズのDEキャメロン・ウェイクは、

2017年は9年目のシーズンでしたが10.5サックを記録。

自身のキャリアで4番目に良い記録となりました。

※ウェイクは過去の記事でも紹介しています。

どデカく使おうウェイクだよ!
ドルフィンズのおじさんDEキャメロン・ウェイクがドルフィンズと2年の契約延長。まだまだ若い者には負けません。

どの選手も怪我なく無事に2018年が終わるといいですね。

特に期待しているタイタンズのSケビン・バイアードはシーズン最後まで試合に出続けて欲しいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告