2017年NFLトップ100(21位〜30位)

こんにちは!

NFLネットワークから毎週月曜日(現地時間)に発表されるNFLトップ100!

NFL選手が投票して決めるNFL選手ランキングです。

毎週10人ずつ発表されていますが、遂にあと30人になりました。

NFLは全部で32チームあることを考えると、ここからは各チームを代表するスター選手がランクインしてきます。

果たして21位〜30位にはどんな選手が選ばれたでしょうか!?

31位以降は過去の記事でご紹介していますー。

・31位〜40位

2017年NFLトップ100(31位〜40位)
NFLトップ100から31位〜40位の発表です!各チームのエース級が勢揃いとなりました。

・41位〜50位

2017年NFLトップ100(41位〜50位)
NFLトップ100から41位〜50位の発表です。昨年1位のあの選手がここで登場です。

・51位〜60位

2017年NFLトップ100(51位〜60位)
2017年NFLトップ100から51位〜60位の選手が発表されました!ついに半分の発表が終わり、有名選手も続々ランクインしています。

・61位〜70位

2017年NFLトップ100(61位〜70位)
こんにちは! NFLネットワークから毎週月曜日に発表されるNFLトップ100! 選手が選ぶ選手ランキング...

・71位〜80位

2017年NFLトップ100(71位〜80位)
2017年NFLトップ100から71位〜80位の発表です。今年のスーパーボウルで活躍した選手や珍しい名前のあの選手がランクインです。

・81位〜100位

2017年NFLトップ100(81位〜100位)
2017年NFLトップ100から81位〜100位までをご紹介。去年トップ5位に入ったあの選手や初選出の選手が多数ランクインしています。

The TOP 100(21〜30)

※チーム名の後の数字は昨年の順位です

21位:リチャード・シャーマン(CB、シーホークス、20位)

22位:ベン・ロスリスバーガー(QB、スティーラーズ、21位)

23位:ロブ・グロンコウスキー(TE、ペイトリオッツ、9位)

24位:ラッセル・ウィルソン(QB、シーホークス、17位)

25位:ジョー・トーマス(G、ブラウンズ、23位)

26位:トラビス・ケルシー(TE、チーフス、91位)

27位:レショーン・マッコイ(RB、ビルズ、69位)

28位:ランドン・コリンズ(S、ジャイアンツ、-)

29位:マイク・エバンズ(WR、バッカニアーズ、-)

30位:アール・トーマス(S、シーホークス、66位)

グロンコウスキーが23位

やっとペイトリオッツの選手がランクインしてきました。

昨年9位のグロンコウスキーでしたが、順位を落として23位となりました。

それもそのはず、昨シーズンは怪我で全16試合中8試合しかプレー出来ませんでした。

それでもチームの代表選手しかランクインしていないこの順位に入るのはさすがですね。

今オフシーズンはプロレスに出たりして怪我の完治が心配なところですが、w

既にチームの練習に参加できているようですので心配ご無用ですね。

トラビス・ケルシーが26位

昨年91位のケルシーが26位まで大躍進です。

昨シーズンの1,125ヤードレシーブはタイトエンドで1番、

85レシーブはタイトエンドで2番目の記録でした。

タイトエンドの体格を持ちながらレシーバー並みのスピードとクイックネスで圧倒しました。

特にボールをキャッチしてからのランアフターキャッチ(RAC)が良くて、

RACで634ヤードはタイトエンドで1番の記録です。

昨今のタイトエンドブームを牽引する1人ですね。

タイトエンドブーム

グロンコウスキーやケルシーなど、レシービングタイトエンドがNFLを席巻しています。

グロンコウスキーはブームの火付け役とも言える選手ですね。

2010年のドラフトで共にペイトリオッツに指名されたヘルナンデスとのタイトエンドコンビは強力でした。

今やタイトエンドをパスオフェンスの核として使う戦術はどのチームも採用していて、

今年のドラフトもタイトエンドが高順位で指名されていましたね。

そんなタイトエンドブームを感じさせる21位〜30位の順位結果でした。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告